[ホーム] > [Text] > [レポート] > [デジタライゼーション、デザイン、そして社会 mell公開研究会2003.10]

<< 前へ | デジタライゼーション、デザイン、そして社会 mell公開研究会2003.10 | 次へ >>


デジタライゼーション、デザイン、そして社会 mell公開研究会2003.10
境真理子/2003.11

「デジタライゼーション、デザイン、そして社会〜人間中心的な情報社会を求めて〜」

10月のメルプロジェクト公開研究会は、ヘルシンキ美術デザイン大学(UIAH)メディアラボでARKI(アルキ)プロジェクトを率いるカリ・ハンス・コモネンさんを迎え、初の外部講師による発表となりました。コモネンさんはメディア論、コミュニケーション論などに工学の知を結びつけ、社会を新たにデザインしていこうという研究に取り組んでいます。講演では、デジタル化のなかで社会をどう人間中心的にデザインしていくかを基本の哲学から語り、活発な質疑応答が交わされました。

2003年10月メルプロジェクト公開研究会

○ 日 時  10月11日(土)午後1時〜5時30分
○ 場 所  東京大学本郷キャンパス 大学院情報学環暫定建物二階会議室
○ 参加者  約30名
○ テーマ :「デジタライゼーション、デザイン、そして社会
                 〜人間中心的な情報社会を求めて〜 」
○ 発表者  カリ・ハンス・コモネン
      (ヘルシンキ美術デザイン大学メディアラボ・プロジェクトリーダー)
       通訳 菅谷明子(メル・プロジェクトリーダー)
○ 概 要
 ARKIとはフィンランド語で「毎日の暮らし」という意味である。その名にふさわしく、マーケットのショッピング風景の映像からスピーチは始まった。日常的な買い物の光景だが、実はショッピングバッグにはデジタルツールが入っており、商品をバッグに入れると一部が赤や緑に点灯して、それが必要な商品かどうかを教えてくれる。
 彼は、このデジタル・ショッピングバッグを単なる近未来シナリオとして例示したのではない。強調したのは、デジタル化による表層の変化や便利さではなく、人々が主体的に引き寄せる変化である。産地や貿易プロセスなどの商品情報が充実すると、顧客は判断基準を得ることができる。それを力に一人一人の市民がより合理的で倫理的な選択ができるようになり、ひいては民主的に経済・社会を変えていく、というメッセージである。デジタル化にサポートされた情報は目的ではなくツールとして利用するために在り、それらを技術中心ではなく人間中心に引き寄せて、人々が社会をより豊かで公平な姿に新しくデザイン(リデザイン)していくことこそ重要なのだと語る。
 買い物という日常行為も、私たちは単なる顧客や消費者ではなく、社会を新たに組み替えるデザイナーで在るべきだというARKIプロジェクトのコアを成すシンボリックなメッセージであり、それを導入部としてコモネン氏は、現在のデジタル化の諸相をハードウエアではなくソフトウエアが統合、あるいは融合している状態と解説。大きな組織や企業にコントロールされないためにも、ツールとソフトウェアをどう読みとり利用するのかという、いわばデジタル情報化社会における市民に求められるリテラシーの哲学と基底が熱く論じられた。
 参加者との質疑応答では、デジタル化と産業についてのいくつかの質問に答える形で、特許(パテント)による排他的権利の主張が市場に混乱を起こし、小さ
な企業がマーケットに入りにくい状況が起きていることを今後の課題として指摘した。フィンランドはリナックスに代表されるオープンソース社会とのイメージがあるが、やはり特許権などが公平性と公開性を阻害し、様々な問題が起きているという。これらは世界が共有する問題であり、格差のない調和社会の実現に国を超えた共同作業が必要との認識を示した。
 今回の内容はメルプロジェクトとも共通する課題があった。様々な知の融合が求められている現在、ともに実践的研究を行うフィンランドのメディアラボとメルプロジェクトが共通するテーマで緩やかに連携する可能性、その萌芽をみたように思う。

レポート一覧

このブログのフィードを取得
[フィードとは]
Powered by
Movable Type